コミュ障になりがちな理系学生が、コミュ力を開発するために長期インターンをするという選択肢について-好奇心男子に聞く

The following two tabs change content below.

白石 大樹

【早稲田大学(20卒)】【Inno-BUTAライター】大学受験の挫折やフィリピンでのボランティア経験より形成された《尽力》という価値基準を基に、長期インターンの紹介事業に従事。エージェントとして通算100名以上の学生とキャリア面談を実施する傍ら、NPO法人で難民支援にも取り組んでいる。

 

こんにちは、だいきです。

理系で長期インターンをしている方って、皆さんの周りにいらっしゃいますでしょうか?

比重だけで言ったら文系学生の方が圧倒的に多い印象を受けますが、実際はどうなのでしょう?

早稲田大学が早大生を対象に実施した学生生活調査報告書(2017年)によると、全体のうち19.8%の文系3年生が、インターンシップに参加した経験があるのに対し、理系3年生は全体の8.1%ほどに留まっています。この調査は短期・長期インターンで区別していないので、長期インターンの割合を示す正確なデータではないですが、割合が逆転することは多分ないでしょう!(笑)

参考:http://www.waseda.jp/student/research/2017/chosa2017_2.pdf

要は何が言いたいのかというと、そんな珍しい理系学生で長期インターンをしている方がいたので、話を聞いてきました(本当は珍しいことを証明したかった…)。学生団体や長期インターンなど課外で活発に活動され、院には進まずに外資メーカーに就職する彼に、「なぜ長期インターンをやろうと思ったのか?理系学生がインターンをやることの意義とは?」を中心に伺いました。

Y.Oさん(※本人の希望により匿名)、慶應義塾大学(理工)4年。アイセックという学生団体で活動する傍ら、長期休みを利用してシンガポールの日系イベント会社で長期インターンを経験。帰国後、別の会社でプログラミング周りの業務に従事していた。

やりたいことが何であれ、結局はやってみないと分からない

(カメラのピントが全然合わないの図…)

だいき
僕は理系事情に疎いので、正直なところ理系学生は授業と研究に追われて長期インターンをする時間が無いと思っていましたが、実際はどうなんですか?
Y.Oさん
どうでしょう。でも、バイトの代わりとして長期インターンを選択できますし、僕もそうしていました。4年生は研究で忙しいですが、2・3年生は授業がメインなので割と融通が利くと思います。
Y.Oさん
研究室も、全ての時間を捧げなければならないところを選ばなきゃいい話なので。僕の同期で留学に行っている人もいるので、結局はタイムマネジメントだと思います。
だいき
自分でコントロールすれば、意外とやれちゃうってことですね。その中で、何故インターンをやろうと?
Y.Oさん
大学でプログラミングをやっていたので、それをoutputしたかったからですね。
だいき
サークルや学生団体でもoutputは出来たと思うんですけど、様々な選択肢がある中で、インターンを選ばれた理由は?
Y.Oさん
実社会と接点を持てる点でインターンを選びました。自分のoutputが社会にどのような影響を与えているのかについては、学生組織よりも社会的に影響力を持っている企業の方が実感しやすいと考えていました。
だいき
なるほど。実社会と接点を持つことはなぜ大事だと思います?
Y.Oさん
やはり、将来は社会に出るからです。早め早めに社会で働くことを知れば、自分の興味あること、やりたいことも洗練されていくし、学生時代にやっておくべきことが見えてくる。理系学生は研究者を志す人が多いですが、本当になりたいかについては様々な選択肢に触れてみないと分からないと思うんです。
だいき
やってみることで自分の興味関心が定まってくる?
Y.Oさん
僕はそう思います。それに研究者であれ何であれ、現時点で将来やりたいと思っていることはイメージでしかないので、実際にやってみることで、自分に合っているのか否かを確かめることは大事ですね。
Y.Oさん
それこそ僕の場合は、大学でやっていたプログラミングは違うと思えましたし、シンガポールでインターンをしていた当時は日本と海外を繋ぐことをしたかったんですけど、結果的に将来もやりたいと思ったので、世界規模でSCMがやれる外資メーカーに行くことになりました。
だいき
これって就活に限らず、身近なコトでも起こり得ますね。僕なんかダイビングをやりたいってずっと思っていますけど、やってみたら海が恐いとか、お金がかかるから嫌だとか、自分と合わないことが見えてきます。でも、結局はやってみないと合わないか否かは判断が難しい。

理系でもコミュニケーションスキルは必要?コミュ力を開発するための長期インターンという選択肢

(やっぱりピントが合わないの図……)

だいき
せっかくなので理系学生の視点で話を聞きたいんですけど、理系が敢えてインターンに行く意義は何だと思いますか?
Y.Oさん
社会の視点で考え方を学べるのも勿論ですが、やはりコミュニケーションスキルを上げられる点です。いや、本当にみんな話が出来ない(笑)(もちろん違う場合も多いですが)
だいき
理系はコミュ障ってよく聞きますけど、どうなんですか?(笑)
Y.Oさん
理系の授業に潜り込んでみれば分かると思います(笑)オタク気質の方が多いので、研究室に閉じこもって自分の好きなコトだけをしている人が多い印象です。
Y.Oさん
でも、社会に出てコミュニケーションを円滑に取れないのは致命傷なので、今のうちに企業で働く中で様々な失敗を積むことは大事だと思います。
だいき
聞いた話ですけど、エンジニア界隈はコミュニケーションスキルがあるだけで市場価値が高いとか。実態は知りませんが。
Y.Oさん
でも、そうだと思います。すぐ近くにいる人に何か要件があっても、その場で声をかけずにわざわざチャットで話す人もいるぐらいなので。コミュニケーションスキルがあるだけで差別化できます
だいき
それでいくと、ご自身が考えるコミュニケーションスキルって何ですか?
Y.Oさん
自分の言いたいことをちゃんと伝えられたり、相手のニーズや伝えたいことを理解したりできる能力のことですかね。
だいき
これから先、仕事をする中で実感していくと思うんですけど、現時点で理系でもコミュニケーションスキルが大事だと考える理由はありますか?
Y.Oさん
例えばプログラマーでも、クライアントとどういう要件なのかを話し合った上で開発するプログラムを決めると思いますが、冒頭の要件定義が出来ないと、当然提供するプログラムも的外れなものになってしまいます。だからですかね。
だいき
なるほど。一周回った気もしますが、そうしたコミュニケーションスキルを高める上でインターンが他と違う点は?
Y.Oさん
インターンで触れ合う人は基本的に社会人なので、彼らと話をする中で分かりやすい伝え方を学んで実践できたことですね。
Y.Oさん
例えば、陳腐ですけど結論ファーストで物事を述べるであったりとか、複数個述べる時は1点目、2点目と数を列挙する話し方であったりとか。そういう話し方をする社会人が大半でしたし、分かりやすい説明を求められる現場で実践したことで身に付けられたと思います。良し悪しのフィードバックもいただけるので。
だいき
現場で実践するのは大事ですね。本を読んで頭で理解していても、体現できるかは別次元ですので。

ご相談はLINE@へ!お気軽にどうぞ。
友だち追加

Twitterで